top of page

30年ぶりの再会

今日は桐朋学園で尾高忠明先生門下で一緒に学んだ指揮者、新田ユリさんと30年ぶりに再会しました。まずは彼女が正指揮者を務めるアイノラ交響楽団のリハーサルを見学。

15年のお付き合いという同オケとは、指揮者の先生とアマチュア楽員の関係というよりは、まるで家族のような、とても温かい空気を感じました。

リハーサル時におけるユリさん節というか独特の言い回しにも自然に反応し、そして音にして応えようとするメンバーに、理想の指揮者とオーケストラの関係を垣間見る思いをしました。

その後、呑み(^^♪

なにしろ30年ぶりですから、いろんな話に花が咲きました。

桐朋時代、桐朋祭で指揮科でお好み焼き屋を出店した時の話。指揮科とピアノ科の仲の良いメンバーで岩井海岸で遊び合宿をした話。そして30年の重みの話。

あっという間の時間でした。

指揮者として仕事をしていると、なかなか同業者同士で会うことはないのですが、いつか、尾高先生を交えて同窓会が出来るといいですね(^^♪  

とてもリフレッシュし、また刺激になるひと時でした!


閲覧数:80回0件のコメント

最新記事

すべて表示

撮影業者さまとの打ち合わせ

先ほど、7月15日の樹フィルハーモニー管弦楽団第10回記念定期演奏会を撮って下さる業者さまとのオンラインミーティングを行いました。 今までもたくさん演奏会本番を撮ってもらったことはありましたが、事前ミーティングは初めて。 カメラの具体的な配置例や、普段指揮をしているだけでは知り得ないこともたくさん知ることが出来ました。 「ここの箇所は是非このパートを!」の要望も聞いていただけるそうなので、これから

Comentarios


bottom of page